子育てママのアフィリエイト
発リンクの重要性

SEO対策では被リンク(他サイトから貼ってもらうリンク)が重要なのは当たり前のことですが、発リンク(自分のサイトに貼るリンク)も質と量が重要です

どういうサイトへ、どのくらいの数を貼っているか?

リンクばかりで構成されたページは、コンテンツ内容が乏しいと認識されてもおかしくないです
だって、そのページだけを見て得られる情報が無いということですから・・・
(リンク先を見ないと情報がないから)


現に最近はアフィリエイトの広告リンクしかないブログやサイトが、検索エンジンから容赦なく弾かれているらしいですね
アフィリエイターとしては厳しい現実ですが、よく考えてみると仕方ないですよね

オリジナリティのない物は消えていくしかないですから


でも、どうしてもリンクだけで構成してしまうページってありますよね?
例えば、相互リンク集なんかがそうですよね

リンク集があるからと言って、そのサイトがスパム扱いされることはありません
だけど、リンクページってコンテンツページに比べるとどうしても評価が低そうな気がしませんか?

そうは言っても、リンク集ページだって自サイトのコンテンツの1つです
作るからには集客につながるページにしたいし、相互リンク先にも被リンクパワーをきちんと届けたい

被リンクパワーはいずれは自分のところに返ってくるものですし、決して邪険にはできません


試しに、相互リンクしている先のサイト名で検索してみてください
その検索結果の上位に自サイトのリンク集が表示されていれば、大成功です

自サイトのリンク集ページがそれなりに評価されている&被リンクパワーを与えられているということだから


反対に、検索しても全く見つからないのなら、そんな意味のない相互リンクなんて止めてしまえ!ということ
改善の余地が大ありです


では、私が考えている評価されるリンク集とは?

適度に抑えた発リンク数と、ジャンル分け、関連ワードをちりばめた紹介文
この3点は必須です


1ページにずらずらと大量にサイト名だけが並んだリンクページなんてウンザリですよね^^;
正直言って、見る気もしない・・・



また、とても重要なのは、デッドリンクのないこと

リンクは貼りっぱなしにせず、マメにチェックしましょう
閉鎖する際に連絡をくれる律儀な運営者なんて、ものすごく少ないんですから・・・


あと、最近はドメインのリサイクルやサイト売買が多いので、知らない内に運営者が交代してるケースがあります
訪問してみたらサイト内容が全く変わっていたり、内容は変わってないんだけどリンクが切られていたりするので要注意です!





次のページ

アクセスアップ術
 まずはヤフカテを目指してみる
 ヤフーのカテゴリ登録の攻略
 ヤフーのカテゴリ登録の攻略2
 急激なアクセスダウンに陥ったら
 グーグルのページランクについて
 ブログへの集客
 SEO対策はサブページにも
 グーグルのウェブマスターツール
 アクセスカウンタは撤去
 フレーム仕様のSEO対策
 発リンクの重要性
 アクセスが集まる日記ネタ
 
 サイトTOPへ