子育てママのアフィリエイト
グーグルのウェブマスターツール

グーグルのウェブマスターツールでXML形式のサイトマップを登録すると、サイト内の各ページにクローラーを誘導することができ、内部リンクの強化につながります


最初にサイトマップを登録した時に気づかれるかとは思うのですが、意外とクロール漏れって多いんですよね^^;

サイト公開してからは随分長いから、古いページはとっくにインデックスされているだろうと思っていたら・・・


元々からインデックスされていなかったのか?

あるいは、グーグルダンスか何かの拍子に消えてしまったのか?

特に階層が深いわけでもないのに、サブページの一部がインデックスされていなかったりすることも少なくありません



サイトのTOPページの登録確認をすることがあっても、サブページの方まではなかなか手が回りません

でも、作ったページがインデックスされているかはとても気になりますよね


何と言っても、グーグルの検索結果でサブページがヒットしてのアクセス増はあなどれません


そこで、サイトマップを登録してサブページのインデックス数を確認です

私はいつも、サイトマップXML自動作成ツールを利用させていただいてます

一瞬でサイトマップが作成できてしまうので、とても助かってます


で、作成したサイトマップをウェブ上にUPして、ウェブマスターツールへURLを登録です


ブログの場合なら、FC2ブログやJUGEMなどはXMLサイトマップは自動作成されますので、ブログの管理画面でサイトマップのURLを取得&テンプレ内に指定のタグを挿入です


データが反映されるのには少し時間がかかりますが、早ければ翌日にはインデックス数が確認できます
その他のデータも2、3日後には見れるようになるはず


ウェブマスターツールの利用の仕方はいろいろあるかとは思いますが、私の場合はインデックス数の確認以外には「診断⇒HTMLの候補」が重宝しています

メタタグやタイトルタグの漏れや重複がまとめてチェックできるので、サイトの修正にとても便利です


また、「検索クエリ」では表示回数の多い検索キーワードと、その平均掲載順位が確認できます

表示回数が多いのに順位が後ろの方だとアクセスにはつながらないので、これを見て対策を練り直しです


「サイトへのリンク」では被リンクチェックができます

以前なら検索ワード[link:〜]で表示できていたけど、今はこちらを利用しないとダメになったので少し不便ですよね



他には「キーワード」でキーワード出現率をチェックできたりと、ウェブマスターツールはとても至れり尽くせりです





次のページ

アクセスアップ術
 まずはヤフカテを目指してみる
 ヤフーのカテゴリ登録の攻略
 ヤフーのカテゴリ登録の攻略2
 急激なアクセスダウンに陥ったら
 グーグルのページランクについて
 ブログへの集客
 SEO対策はサブページにも
 グーグルのウェブマスターツール
 アクセスカウンタは撤去
 フレーム仕様のSEO対策
 発リンクの重要性
 アクセスが集まる日記ネタ
 
 サイトTOPへ